読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日休みじゃないの?

ぶらぶらと日常を楽しむ

さきえもんの大冒険・・・第5話 #世界樹4 プレイ日記

世界樹の迷宮4

前の話

life-nebchadnezzar.hatenablog.jp

第5話

それは一言で言うのなら力の象徴だった。
ダンジョンの主を探すという行為すら無駄だと言わんばかりの威圧感が漂っている。

そしてあまとうの正面に立つ主は別段慌てる様子もなくこちらを見ている。

「いくぞみんな!」
さきえもんはメンバーを見渡し準備ができてると確認すると主に向かって走り出した。
一番槍は誰にも譲れない思いがあった。もともと一人で旅をしていたときには当然一人の為一番槍などというものには意味は無かった。
甘党に入団してからは自分の一番槍で士気が上がるだけではなく、後ろに仲間がいるという安心感から敵の反撃を気にしなくていいというのはさきえもんの攻撃力を十二分に引き出した。


主に向かうさきえもんは遙かに格上である魔物に対しても恐怖は感じなかった。
今は一番槍として開戦の狼煙をあげることしか頭にない。

近づくにつれさきえもんの闘志に呼応するかのごとく剣から火があふれ剣に力を与える。

気がつけば主が腕を振り上げていた。恐らく主も初手で流れを掴みに来ているのだろう。その目はしっかりとさきえもんを捉えていた。

当然さきえもんもその一撃を読んでいた。ここにたどり着く前主に成れなかった熊型の魔物を何体も相手にしてきた。

「少し早いけどかわせる!」

迫り来る腕をぎりぎりでかわし脇腹に最初の一撃を決める。
当然主も反撃に転じるがすかさずまんじゅうがさきえもんが決めた傷跡へ一撃を入れる。
さきえもんの初撃による傷跡は普通の傷跡だけでなく炎が残っていた。そこへまんじゅうの一撃がさきえもんへの怒りよりもまんじゅうの怒りになり標的を目の前のまんじゅうに変更した。

そこからはいつもと同じパターンの討伐戦が始まった。まんじゅうが引きつけ、さきえもんがダメージを与える。こんぺいとうが妨害しちょこが回復。そして縁の下のバフ役のけーき。
それぞれが持ち味を出して戦う姿はまさに芸術のようだった。次第に主の攻撃も単調になりついには膝をついた。

「これでとどめ!!」

最初の一撃とは違い体から力があふれている。戦いのなかでのアドレナリンだけではなくちょこのバフ効果も合わさり全能感をさきえもんを包み込む。
その一撃はさきえもんらしくなく力強さとは無縁なスマートな一撃だった。まるで紙で手を切るかのごとくあっさりとした一撃だが一瞬のち聞こえる主が倒れる轟音はまさしく激戦の証拠となった。

さきえもんは戦いの緊張がとけその場に倒れ込む。他のメンバーもそれぞれ緊張の糸が切れたのか疲れ切った顔をしているがそれでも主を討伐した達成感を感じていた。

暫く余韻に浸っていたが日も落ちてきたので街へ凱旋するのであった。